トップページ > 教師資格試験・指導員等

 指導員・インストラクター

  一定の指導能力があると認められるアマチュア資格
  アマチュアの指導員やインストラクターの資格は、営業的に行うもの以外のものを対象に、能力の試験を行い、それを証明したものです。プロの資格との違いは、風俗営業法上の資格ではないので、ダンス教授所での指導は出来ません。
  アマチュアでは、(1)社団法人日本ダンススポーツ連盟の「競技力指導員」や「普及指導員」、(2)社団法人日本体育協会の「指導員」、(3)財団法人日本ボールルームダンス連盟の「地域インストラクター」、(4)地方自治体の「体育指導員」などの制度があります。

1 社団法人 日本ダンススポーツ連盟(JDSF)の「競技力指導員」及び「普及指導員」
   資格は次の6とおりあります。ちなみにC級普及指導員の場合は、2日間の講習を受講後、学科と実技試験を行い、   80点以上の者が合格とのことです。
   A級競技力指導員、 A級普及指導員
   B級競技力指導員、 B級普及指導員
   C級競技力指導員、 C級普及指導員
【参考】
 ● JDSF編纂による「ダンススポーツ教程」(ビデオ4巻付属)が参考になります。
 ● 指導員の講習は「ダンススポーツ教程」の抜粋版である「公認指導員講習会教本」がテキストとして利用されています。
 ● 講習の時期・費用等については、JDSFのホームページをご覧ください。

2 (財)日本体育協会の指導員
 ● 指導員の資格は、「指導員」、「上級指導員」、「コーチ」、「上級コーチ」、「教師」及び「上級教師」の6種類がある。
 ● ダンススポーツに関しては、JDSFが加入していることから、JDSF指導員の資格取得者を対象に、「指導員」及び「コーチ」取得のため講習を実施して資格を与えている模様です。
 ● 詳しくはJDSFに照会してください。