" ボールルームダンス(社交ダンス)の資料室[ダンスの団体:日本社会人ダンス連盟(NSDR)]

トップページ > ダンスの団体

日本社会人ダンス連盟 (NSDR)


概要

 東京、神奈川などのダンスサークルを組織化する事によってスタートした団体。
 地域、職場での社会教育面でのダンスの効用を説き、サークルの拡大、育成指導や各市区の教育委員会にダンスを採用するように 働き掛けを行い、公民館活動、市民講座、カルチャーセンターでの開講など、地域に密着したサークル活動を通じて広く健全なダンス を普及活動を行い、サークルの指導方法の整備、運営指導、援助などを行ってきた。
 また、ダンスに対する偏見を取り除くため、サークル会員に対して幅広いレベル、年齢を対象にしたランキング競技会を開催し その拡大に努めてきた。
 1997年JDSFに統合することによって解散した。

沿革

1977年(昭和52)   「東京都協会」が発足した。
1977年(昭和52), 4, 1 「学連」、「東京都協会」及び「日本ダンス連盟アマチチュアリーグ(Aリーグ)」が一体となって、
             「日本アマチュアダンス協会(JADA)」を設立。
1985年(昭和60)   関東地域のサークルを統合して、「関東社会人ダンス連盟」を設立した。
1986年(昭和61)   全国組織として、「日本社会人ダンス連盟(NSDR)」を設立した。
1997年(平成8年)5月  JDSF組織改革の早期実現を目指し、「日本社会人ダンス連盟」を解散した。